離婚にまつわるお金の話し

離婚にまつわるお金の話し

2021年03月21日(日)

”暑さ寒さも彼岸まで”と言うことわざ通りに暖かくなってき

ました。

桜の開花もあちこちでささやかれる様になりましたね😃

 

緊急事態宣言は解除されましたが、今までと同じ様に手洗

い、うがい、マスク着用でコロナ感染に お互いに注意して行

きたいものです。

そんな中で家族と一緒にお墓参りに行って来ました。

私の気持ちの中ではお墓参りに行くとホッとする何がありま

す。

亡き両親に見守られている様な感覚です。

さて離婚相談でお金にまつわるお話をしたいと思います。

これから先、夫婦としてやっていけるのだろうか、一緒にい

る意味があるのだろうか?

と悩んでいるあなた!

離婚を考え初めたならば、お金の事も考えていかなければい

けないと思います。

ちょっと下世話な話しの様に聞こえてしまいますが、あえて

言わせてもらいます。

空気を食べていけるのであればいいのですが・・・

とても大事な事なのです〜🤔

1) 別居を始めたら生活費(婚姻費用)を払わなければいけ

ないし、貰う側としたらインターネット上から見た一覧表か

らすると少ないなど・・・正当に貰えるといいのですが!

2) 実際に離婚となると有責配偶者(原因を作った側)から

慰謝料が発生します。

暴力、不貞、生活費を払わないなど原因がある側は請求され

ちゃいますよ!

3) 成人前の子供さんがいる場合は養育費が発生します。

4) 財産分与もあります。

結婚していた期間に築いた財産を分ける事です。

持ち家があるときは大変💦

綺麗に半分に割れればいいのですが、そうはいかないのが持

ち家の問題!

ローンがあったり、どちらが住み続けるのかなど・・・

5) 年金分割もお忘れなく

平成20年4月以降に離婚した場合は第3号被保険者は二分割

でき、それ以前の分割は合意もとで。

こんな風にお金にまつわる事が発生します。

協議で話し合いがつくのが一番なんですが、お金にまつわる

事も揉め事の1つとなります。

協議で決めると早く離婚したいために、養育費はいらないか

ら子供とは合わせない、

家の処分も相手のいいなりの金額で納得させられたりなど。

ちょっと考え方を変えて時間が掛かっても調停に掛けてじっ

くりと決めるのもいいかと思います。

協議で決めた事は公正証書を作成しておく事が大事ですが、

調停調書は公正証書と同じ効力があるんですよ。

(不貞の慰謝料請求は3年以内に、財産分与の請求は2年以

内に、年金分割は離婚翌日から2年以内にできますし、養育

費は都度変化があるので増額、減額があります)

ざっくりとですがこんな風にお金にまつわるお話しをしまし

た。

離婚を迷う方・・・お金の事一つとっても大変だと思いませ

んか?

大切な事は本当に離婚の方がいいのか?修復の方がいいの

か?どうかだと思います。

その選択を間違えない様に!

そして、その選択に自信が持てる様にカウンセリングをして

行きたいと思っています🤗

   💕埼玉の離婚カウンセラー、夫婦カウンセリングの

                                                             ハートフルHIOKI💕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  |  

過去の記事